有料老人ホームの種類|知っておきたい介護付有料老人ホームの基礎知識

介護付有料老人ホームを選ぶか住宅型有料老人ホームを選ぶか

入居を考えている方へ

老人ホームへの入居を検討している方は、老人ホームへの入居までの流れを把握しておきましょう。まずは気になる施設を探すところから始めます。

老人ホームへの入居までの流れ

申し込み・必要書類の準備

まずは気になる老人ホームを複数ピックアップして、見学を行います。見学後に候補の中から自分の好みの老人ホームへ申し込みをして必要書類の準備をします。

面談・入居審査

必要書類を持ち、面談や入居審査が行われます。健康状態や介護レベル、予算の状況などを確認されます。面談はすぐに通る場合もあれば結果が分かるまで数日待つ場合もあります。

体験入居・契約

入居審査に合格すると、体験入居を行うことができます。体験入居で合わないと感じたならば入居依頼を取り消すことも可能です。体験入居で満足できたなら無事契約をして新しい生活を始めることができます。

有料老人ホームの種類

介護

介護付有料老人ホーム

広島にも多くある介護付有料老人ホームは、名前の通り身の回りの介護をサービスとして受けられる老人ホームです。施設に専用の介護スタッフが常駐しているため、要介護の方でも安心して利用することができます。要介護5の方まで受け入れが可能です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護付有料老人ホームよりも自由度が高い傾向にあります。まるで自宅にいるような施設で生活を送ることが可能です。介護については自分で別の会社のデイサービスを受けることも可能です。自立している方から要介護5まで受け入れをしているところもあります。

グループホーム

グループホームは、住宅型有料老人ホームとも介護付有料老人ホームとも違ったタイプの施設です。認知症高齢者の受け入れ施設として知られています。1ユニットで複数人の方が共同生活を行います。専用のスタッフが常駐していて身の回りの手伝いを行ってくれます。

広告募集中